忍者ブログ

こころに栄養~管理栄養士の日記

食から心と体の健康を考えている管理栄養士の日記です。

ストレスとストレッサー




ストレス   ⇒ 生体内に生じた歪みの状態

ストレッサー ⇒ 生体内に歪みの状態を生じさせる刺激

 
そして以下の4つにストレッサーが分類されています。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

物理的ストレッサー  < 湿度・光・音  >

科学的プロセッサー  < タバコ・アルコール・大気汚染・ホコリ >

生物学的ストレッサー < 細菌・ウイルス・カビ・花粉 >

心理・社会的ストレッサー < 人間関係・家庭環境・結婚・昇格 >


これらのどこからストレッサーになりえているのかを知ることで、
大きなストレスになるのを抑えることができるでしょう。

      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


以下は、ストレスに至るまでの発生の段階とされています。



警告反応期 ) 心身に有害なストレッサーに対する警報を発し

          ストレスに耐えうるための内部環境を急速に準備する時期

 

ショック期 ) 外部環境からの刺激をうけてそれに十分対応できず、ショックをうけている状態

 

 抵抗期 ) 生体の自己防衛機制としてのストレッサーへの適応反応が完成し、

持続的なストレッサーとストレス耐性が拮抗している時期

 

 疲弊期 ) 長期間にわたって継続するストレスに生体が対抗しきれなくなり

 段階的にストレッサーに対する生体の抵抗力(ストレス耐性)が

 衰えていく時期




PR